集中公開【今読むべきコロナブルーを乗り越える本】

24
コロナブルーを乗り越える本 佐々涼子

コロナブルーを乗り越える本 佐々涼子

ノンフィクションライター、佐々涼子さんはイタリアの小説家、物理学者がコロナ感染をテーマにした作品を紹介。佐々さんは、終末医療の現場を通して死を見つめた「本屋大賞 2020年ノンフィクション本大賞」受賞作品『エンド・オブ・ライフ』(集英社インターナショナル刊)が多くの人に読まれています。 ※この記事は、集英社インターナショナル公式サイトで2020年4月9日に公開された記事の再掲載です。 『コロナの時代の僕ら』パオロ・ジョルダーノ、飯田亮介訳/早川書房 4月3日。今夜のニュ

スキ
1