マガジンのカバー画像

集中公開【今読むべきコロナブルーを乗り越える本】

24
ワクチン接種、緊急事態宣言解除!?…、ニュースの見出しは踊っても、新型コロナウイルスの感染が社会とわれわれの心にもたらした影はいつ消えるともしれません。やはり、いつまで続くのかわ… もっと読む
運営しているクリエイター

#井手英策

コロナブルーを乗り越える本 井手英策

井手英策さん(財政学者)が紹介する本は、人間が直面する苦しみについて考える契機を与えてくれます。苦しみとは、自分のため?  誰かのため?  それを考えることには、どのような意味があるのでしょうか。 ※この記事は、集英社インターナショナル公式サイトで2020年4月20日に公開された記事の再掲載です。 『苦悩する人間』 ヴィクトール・E・フランクル、山田邦男、松田美佳訳/春秋社 その苦しみは誰のためか、自分のためか、それとも他者のためか──精神科医であり哲学者でもあるヴィク

スキ
2