集中公開【今読むべきコロナブルーを乗り越える本】

24
コロナブルーを乗り越える本 布施英利

コロナブルーを乗り越える本 布施英利

美術批評家、布施英利さんは、尾崎放哉晩年の句、「咳をしてもひとり」から、今われわれが置かれているコロナ禍という現状を考えます。 ※この記事は、集英社インターナショナル公式サイトで2020年4月10日に公開された記事の再掲載です。 『尾崎放哉句集』 池内紀編/岩波文庫 コロナ禍が我々を見舞ったことといえば、経済的苦境(=貧乏)、外出の自粛(=孤独)、そしてもちろん病(=身体的苦痛)などだ。 このたび、「コロナ、ウイルスに負けない本を挙げる」というアンケートを編集部からご

1