マガジンのカバー画像

集中公開【今読むべきコロナブルーを乗り越える本】

24
ワクチン接種、緊急事態宣言解除!?…、ニュースの見出しは踊っても、新型コロナウイルスの感染が社会とわれわれの心にもたらした影はいつ消えるともしれません。やはり、いつまで続くのかわ… もっと読む
運営しているクリエイター

#布施英利

コロナブルーを乗り越える本 布施英利

美術批評家、布施英利さんは、尾崎放哉晩年の句、「咳をしてもひとり」から、今われわれが置かれているコロナ禍という現状を考えます。 ※この記事は、集英社インターナショナル公式サイトで2020年4月10日に公開された記事の再掲載です。 『尾崎放哉句集』 池内紀編/岩波文庫 コロナ禍が我々を見舞ったことといえば、経済的苦境(=貧乏)、外出の自粛(=孤独)、そしてもちろん病(=身体的苦痛)などだ。 このたび、「コロナ、ウイルスに負けない本を挙げる」というアンケートを編集部からご連

スキ
1