連載 言語の天才まで1億光年 高野秀行

21
ヨーロッパ・南米篇(4)アンラッキーな言語の天才

ヨーロッパ・南米篇(4)アンラッキーな言語の天才

スペイン語の方言という認識で学んだポルトガル語。3カ月、しっかり準備したはずが、いざブラジルに行って耳にしたのは……。            コロンビア旅行の翌年、今度はアマゾン川を河口から源流まで現地の定期船を乗り継いで旅することになった(※1)。相変わらず一介の大学生(6年生)ながら、アマゾンのガイドブックを書くという仕事を請け負ったのである。取材スタッフは私のほか、カメラマンの鈴木邦弘さんとミヤザワという探検部の後輩の3人。  私と鈴木さんは河口から遡り、ミヤザワは逆

スキ
25
ヨーロッパ・南米篇(3)コロンビア、魔術的リアリズムの旅

ヨーロッパ・南米篇(3)コロンビア、魔術的リアリズムの旅

 パロマ先生に習ったスペイン語を携えて高野さんが向かったのは、治安の悪い、南米コロンビア。未来が見えるという幻覚剤を求める道中、高野さんが身をもって経験したのは、ラテンアメリカ文学の世界でした。  私はスペイン語圏を旅したことが5回ある。最初は南米のコロンビア、次が同じくペルーとボリビア、そしてスペインにも2回行き、最後は2017年で、ペルーを再び訪れた。  中でも圧倒的に印象深いのは、スペイン語を習い始めて半年ほど経った1990年に訪れたコロンビアだ。今振り返っても、35

スキ
28
ヨーロッパ・南米篇(2)スペイン語は「平安京的言語」

ヨーロッパ・南米篇(2)スペイン語は「平安京的言語」

南米アマゾンに向かうため、スペイン語を学び始めた高野さんは、その学習が快適なのに驚きます。高野さんが独自に分析し、わかりやすく解説する、スペイン語が世界で受け入れられる理由とは。  怪獣探査のために必要だったフランス語、雷に打たれたけど特に後遺症なしというイタリア語のあと、私が3番目に出会ったロマンス諸語はスペイン語だった。  アフリカ篇で述べた通り、なんとなく〈コンゴ〉のエキスパートになりたいと思っていたのだが、南米アマゾンが気になりだした。アマゾンとは世界最大の流域面積

スキ
46