連載 言語の天才まで1億光年 高野秀行

21
混沌のゴールデントライアングル言語群篇 (5)麻薬王のアジトでビルマ語を習う

混沌のゴールデントライアングル言語群篇 (5)麻薬王のアジトでビルマ語を習う

日本語教師だったことが功を奏し、シャン人のアジト潜入に成功した高野さん、そこでシャン語を習おうという企てはだが、思わぬ方向に──。 シャン語を習いながらコネをつかむ。素晴らしい一石二鳥作戦のはずだったが、いきなりつまずいた。シャン語を教えられる人がいないのだ。 シャン語の読み書きができないシャン人  前述したように、この家(アジト)には社長のお兄さんの家族、親戚、そしてクンサー軍の兵士(少年兵)などが十数人、住んでいた。みな、シャン州に生まれ育ったミャンマー国籍のシャン人

28
混沌のゴールデントライアングル言語群篇 (4)麻薬王のアジトでシャン語に出合う

混沌のゴールデントライアングル言語群篇 (4)麻薬王のアジトでシャン語に出合う

チェンマイ大学で「先生、いじわる〜」と女子学生に言われる日本語教師は、世を忍ぶ仮の姿だった!?  高野さんの野望が明らかに!  チェンマイで第二の青春を謳歌していた私だが、このまま日本語教師に落ち着くつもりは毛頭なかった。実はチェンマイに来る前からひじょうに明確な目標があったのだ。それは「ゴールデントライアングルに住み込んでケシ栽培を行ってアヘンをつくる」という端から見れば突拍子もないものだった。 世界屈指の暗黒地帯の全貌を明らかにするという野望  ゴールデントライ

30