見出し画像

密着! 江口寿史のライブスケッチ

2021年3月30日、新宿LOFT/PLUS ONEにて江口寿史美人画集『彼女』(2021年3月10日発売)の刊行を記念して、江口寿史先生、美術評論家の楠見清先生、タレントのぱいぱいでか美さんによる配信トークイベントを開催しました。
前回話題となった「パクリ」についてのお話に加えて、この日の目玉、ライブスケッチの様子も今回からお伝えしていきます!
なかなかお目にかかれない江口先生の手元にも注目です!!

(過去記事はこちらからどうぞ)

自由になり過ぎたかもしれない発信の場

画像1

ぱいぱいでか美(以下「で」):「パクリ」問題については、いまは絵を発表できる場の敷居が低いじゃないですか。良くも悪しくも、そのことが影響していると思います。
「画風を確立した」っていう到達点に行く前にSNSとかで発信できて、まぐれみたいな形で話題になってしまう可能性もありますよね。

江口寿史(以下「江」):あと、ネット上の画像はみんなフリーだと思ってる節がある。そこらへんの意識の低さはありますよね。アイドルの世界でも「イラストレーターの作品をパクった」って問題になったんでしょ?

で:そうですそうです。アイドル界はよくありますよ。

江:問題になってましたもんね。それをTシャツにして売ったんでしょ? そういう意識の低さだと思うなあ。

で:そうです。あれはトレースだったんで、より悪質って感じはありましたけど。

江:やってる本人は無邪気にやってるんだよね。そういうことができちゃう敷居の低さっていうか、垣根の低さは昔はあんまなかったね。

で:江口さんの絵も多分、何百人もの人が無断でツイッターのアイコンにしてると思いますよ。

江:そうそうそうそう(笑) とはいえ、いちいちだめって言うのもキリがないしね。それは別に、ぜんぜんいいと思いますけど。少し前にも外国のシティ・ポップグループが、配信アルバムのジャケットで完全にパクってて。それはちゃんとDMで抗議しました。
……いや、抗議じゃないな。「言ってくれれば、使わせてあげるのに!」みたいな感じで。

楠見清(以下「楠」):大人ですね。

江:おれの絵をすごく好きだからやったことだと思ったし、彼らの音楽もおれが好きなタイプだったのね。そしたら「あ、すいません」って、すぐ返事がきましたね。

で:それは何なんですかね。バレないと思ってやってるのか、そんなにダメなことと思ってないのか。

江:ダメなことだと思ってないんでしょうね。

楠:「好き好き好き!」っていう気持ちが原動力になって、勢いでやってしまうという。

で:あと、使った本人たちに「自分たちは有名じゃないし」って意識があったりするのかな……?


エゴサの鬼

第5回用1

江:ところがおれは、細かく見てるからね。エゴサ(エゴサーチ)の鬼なんで。

で・楠:(笑)。

江:一日何回エゴサしてると思ってんだ! ってね。見逃さんぞって(笑)。

で:エゴサでファンの間違いを見つけることもあるんですか? 「どこそこに江口さんの絵、あった!」「いや、それはおれじゃないよ」みたいな。

江:毎回毎回は言ってないけど。「言われ過ぎてうんざりだな」と思って、言うときはあります。エゴサは、するでしょ?

で:反応するかどうかはたぶん、人によるんだと思うんですけど。エゴサは結構、みんなしてると思います。
私もめちゃめちゃします。私の場合は名前が目立つんで見つけやすいんですが、江口さんは絵だけを載せられてるツイートも多いでしょうし、文字検索では見つからないものも多いじゃないですか。
だから草の根運動じゃないですけど、ファンの方の「それは江口さんの絵じゃないですよ!」とかいう口コミで、見つけていくしかないですもんね。

江:そうですね。僕、名前でサーチしてるんで。

で:みなさんの力が必要になりますから、見かけた方はつぶやいてください(笑)。

江:最近よく見かけるツイートに、「○○さん、素晴らしいですね! 江口寿史かと思いました!」っていうのがあって。
で、見てみるじゃん。ぜんぜん違うんだよね(笑) この見る目のなさ、それも問題だと思いますね。

第5回用2

で:その絵を描いたご本人も、江口さんのこと尊敬してるけど似てるって言われるのは嫌っていう可能性もありますもんね。

江:ありますしね、ぜんぜん似てないんですよ。もっとヒドいとね、可愛い女の子を描いてるだけで、「江口寿史さんを彷彿とさせますね」とかって言うんだよ。

楠:それ、あれですよ。なんかよくわかんない難しい絵を見ると「ピカソみたいだ!」って言うのと同じ域に江口さんがもう、行っちゃったってことですよ。もうほとんどピカソですよ。

で:ピカソなんだ(笑)。

江:あんまり興味がないと、みんな同じに見えるっていうのはありますよね。見分けがつかない。
例えば山下達郎のことがあんまり好きじゃない人って、達郎のどの曲もいっしょに聴こえるって言うんですよね。下手すると、角松敏生と同じに聴こえるとかさ(笑)
好きだから差異がわかってくるっていうのはありますよね。違いがわからない人は、記号としてしか見てないっていう感じがしますね。

で:それか、その人のなかでの最上級の誉め言葉が「江口寿史みたいだね」だったっていう。

江:かもしれないね。でもそれ、いちいちエゴサに引っかかるんで(笑)

で:(笑)。さて、ちょっと休憩をはさんで、おまちかねのライブスケッチが始まります!

(休憩中)

江:あ、ペン持ってくるの忘れちゃった。

で:(笑)。

楠:ボールペンならありますけど、お口に合うかどうか。

江:僕の使ってる、いつものですかね? シグノ。
(楠見さんから借りたボールペンを試して)
あ、これでいいですね。はい、じゃあこれで。ああこれ、ジェットストリームなんだ。

楠:でか美さんは似顔絵を描いてもらったことあります?

で:あの、蛭子能収さんに30秒くらいで、髪型もなにもかも違う絵を描いてもらいました(笑)。

江:最近の蛭子さんですか?

で:めっちゃ前ですね。今よりもたくさん描かれてた時期です。
(休憩終了)

密着! ライブスケッチ

で:ここからは江口さんにライブスケッチをしていただくんですが、めちゃめちゃ一張羅で来ましたよ。この服、今日はじめて着ます。

江・楠:(笑)。

で:私はここから江口さんの方を向きますので、みなさま、楠見さんによる実況をお楽しみください。

楠:ライブスケッチをライブ実況、ということですね。

江:ちょっと斜めを向いて欲しいな。このへんで。マイクをちょっと外してもらえます? じゃあいきますよ。目線を、このへんで。

画像5

で:(体を動かさないようにしつつ)あ〜、緊張する!

楠:顔の向きと目線を、やっぱり決めるんですね、最初に。

江:そうなんですよ。でもこれ、久しぶりなんでね。2年ぶりくらいのライブスケッチだよ。

楠:明石の「彼女」展のときにやったきりって感じですか?

江:下館以来ですね。今回、青森のスケッチも400人ほど応募が来たみたいで。

で:わ〜、でもそれはそうですよね。みんな描いて欲しい。

江:楽しみですよ。いつもどの部分から描くか順番が定まってなくて。

画像6

楠:今日は前髪からですね。やっぱり特徴があるところから?

江:そうです。動かないでくださいね。

で:はい。あそこの畳の線見よう。決めました。

江:そうそう、それもキツいんだけどね。ずっと同じところを見るっていうのも。

画像6

楠:でか美さんはこういう形で、絵のモデルになるのってはじめてですか?

で:ないですないです。イラストをグッズにするときも、写真を送ってお願いすることが多いので。
わ〜、緊張する。私、いま江口さんに見られてる角度のコンディションが、日によってまばらなんで、「今日どうだろう?」ってすごい気になってます。

江:やっぱりありますよね、自分の角度っていうのがね。

で:あります。


――つづきはこちらからどうぞ!

『彼女』江口寿史
初収録作品40点以上を含む350点以上の作品を、
女性イラストのみで構成した美人画集!

定価:4,950円(10%税込)
仕様:B5判オールカラー 288ページ
ISBN: 978-4-7976-7385-2


更新のお知らせや弊社書籍に関する情報など、公式Twitterで発信しています✨️ よかったらフォローしてください(^^)

嬉しいです(^^) ありがとうございます!
集英社インターナショナルの公式noteです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など更新予定です! https://www.shueisha-int.co.jp/