集英社インターナショナル

集英社インターナショナルの公式noteです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など更新予定です! https://www.shueisha-int.co.jp/

集英社インターナショナル

集英社インターナショナルの公式noteです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など更新予定です! https://www.shueisha-int.co.jp/

    マガジン

    • 【連載】加藤ジャンプ「今夜はコの字で 全国コの字酒場漂流記」

      コの字酒場探検家・加藤ジャンプさんの連載エッセイです。ドラマ「今夜はコの字で Season2」に登場したお店をはじめ、全国各地のコの字酒場に足を運び、コの字カウンターでの人のふれあい、酒と肴を綴ります。イラストは、『今夜はコの字で』の作画をした故・土山しげるさんの元スタッフ、タカヤスさんが描きます。[毎月第1・第3金曜日更新]

    • 世界は「プランB」で出来ている

      何事においても「プラン」が重要であることは今さら言うまでもない。だが、どんな計画もそのままでは成功しない。なぜなら現実はつねに複雑で、我々の計画を裏切るからだ。そこで重要になってくるのが「次の一手」である。英語ではそれを「プランB」である。 弊社新刊『「プランB」の教科書』の著者である尾崎弘之氏(神戸大学)にそのエッセンスを語ってもらうのが本連載である。

    • 【連載終了&書籍化決定‼】言語の天才まで1億光年 高野秀行

      「誰も行かないところに行き、誰もやらないことをやり、誰も書かない本を書く」をモットーにしているノンフィクション作家、高野秀行さんがnoteに連載していた語学エッセイ【言語の天才まで1億光年】が、書籍『語学の天才まで1億光年』として2022年9月5日に発売されます! 本書の刊行を記念して、発売に先駆け、書籍のために加筆した「第1章 語学ビッグバン前夜(インド篇)」の一部を公開中です。 25以上の言語を学んだ高野さんも、スタートは英語。でもエピソードも学習法もいきなり超ド級!です。 ぜひお楽しみください。 ※文章は最終版ではないため、表記などが書籍と異なる場合があることをご了承ください

    • インターナショナル新書   創刊5周年「新書は独学の友」

      2022年に創刊5周年を迎えるインターナショナル新書。 書店さんでのフェアやプレゼントキャンペーン、オンラインイベントなど、記念企画について発信していきます📚

    • #読書の秋2021 集英社インターナショナル

      #読書の秋2021 集英社インターナショナルの課題図書にお寄せいただいた感想文のまとめです。

    ウィジェット

    • 商品画像

      目の見えない白鳥さんとアートを見にいく

      川内 有緒
    • 商品画像

      さよなら、野口健

      小林 元喜
    • 商品画像

      ホーム・コーヒー・ロースティング お家ではじめる自家焙煎珈琲

      嶋中 労
    • 商品画像

      リベラルアーツ 「遊び」を極めて賢者になる (インターナショナル新書)

      浦久 俊彦
    • 商品画像

      江戸藩邸へようこそ 三河吉田藩「江戸日記」 (インターナショナル新書)

      久住 祐一郎

    リンク

    最近の記事

    コの六 門前仲町「だるま」 加藤ジャンプ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記」

    ナカチョウの良いコの字酒場  以前、錦糸町の名コの字酒場でこんなことを教えてもらった。  私が「モンナカに良いコの字酒場がある」みたいなことを言ったら、向かいの席の粋な感じの人がこたえたのである。 「モンナカじゃなくてナカチョウっていうのよ、モンナカって言っちゃうのは他所の人、俺は両国」  モンナカあるいはナカチョウとは、門前仲町の略称である。門前仲町は、富岡八幡宮などの門前町というよりは、東京メトロ東西線の門前仲町駅近辺というほうがわかりやすいだろうか。    この錦糸町

    スキ
    12
      • 【世界は「プランB」で出来ている 第5回】電気自動車(EV)を日本はしゃかりきに増やすしかないのか?

        前回記事はこちら 環境破壊を防ぐ救世主「だった」ガソリン車   「環境破壊を防ぐためにはクルマの動力を変えなければならない。ただ、ガソリン車と電気自動車(EV)のどちらが今後の主力になるかの予測は難しい」   詠み人知らずのこの文章を読んだら、20年ほど前に書かれたものと思われるかもしれない。しかし、これは20世紀初頭の状況を反映して書かれたものだ。 当時はヘンリー・フォードの「T型フォード」自動車の生産が始まり、庶民でもようやく自動車を持つことができるようになった時代だ

        スキ
        5
        • コの五 大森「蔦八」 加藤ジャンプ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記~」

          器の中に作られた旨さのビオトープ  JR京浜東北線の大森駅のホームには土器の銅像がある。東京、大田区大森は日本史の授業でおなじみの大森貝塚が見つかったところだ。その当時はゴミ捨て場でも、何千年もたてば遺跡になる。発見したのは明治時代のおかかえ外国人の一人、エドワード・モースである。モースは日本から帰国した後、米マサチューセッツ州セーラム市の博物館の館長になった。そんな縁から大田区とセーラム市は姉妹都市になっている。セーラムといえば魔女狩り、魔女裁判で世界的に知られている。で

          スキ
          19
          • 【世界は「プランB」で出来ている 第4回】ロシア発エネルギー危機:日本のプランBはどこに?

            前回記事はこちら ロシアのウクライナ侵攻開始から半年が経過した。この暴挙が世界の政治、経済、文化に与える影響は短い紙面ではとても語り尽くせないが、ここでは「エネルギー問題」に絞って語りたい。   ロシアへの経済制裁で「返り血」を浴びる日本とドイツ  ロシアは天然ガスの大産出国であるが、西側の経済制裁によって大量のロシア産ガスが市場から締め出されて、取引価格が暴騰している。天然ガス火力発電に依存している日本やドイツなどにとって深刻な事態だ。冬が厳しいドイツは今年の暖房対策

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 【連載】加藤ジャンプ「今夜はコの字で 全国コの字酒場漂流記」
            集英社インターナショナル
          • 世界は「プランB」で出来ている
            集英社インターナショナル
          • 【連載終了&書籍化決定‼】言語の天才まで1億光年 高野秀行
            集英社インターナショナル
          • インターナショナル新書   創刊5周年「新書は独学の友」
            集英社インターナショナル
          • #読書の秋2021 集英社インターナショナル
            集英社インターナショナル
          • 【連載】みんなが気になる「顔」の話 By 山口真美
            集英社インターナショナル

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            【世界は「プランB」で出来ている 第3回】金融緩和をやめない黒田日銀に「プランB」はあるか?

            前回記事はこちら 急激な円安をものともしない黒田総裁   日銀の黒田東彦総裁は7月21日の記者会見で、金融政策の従来方針を「変更しない」と表明した。3月に始まった急激な円安(ドル高)を止めるには、日銀が方針を変更して、市場に供給するマネーの量を減らすべきという意見がある。なぜなら、金融が現状より引き締められれば、理屈では円安圧力が止まるからだ。   ロシアのウクライナ侵攻によって天然ガスや原油が値上がりしており、資源のほとんどを輸入する日本にとって、円安はまさにダブルパン

            スキ
            2

            コの四 小岩「一力」 加藤ジャンプ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記~」

            リトルロック・イズ・ライク・ア・パラダイス  そのコの字酒場はリトルロックこと東京都江戸川区小岩にある。ドラマ『今夜はコの字で Season2』の第5話に登場するコの字酒場・一力である。  一力の最寄駅はJR総武線の小岩駅である。この駅は改札を出るとすぐにお相撲さんの小さな銅像が迎えてくれる。小岩出身の昭和の名横綱・栃錦(第44代)の銅像である。お相撲さんの銅像だが、大きさは柴犬くらいでコンパクトだ。髷や化粧まわしのディテールも細かい立派な銅像で、夜中、誰もいなくなった構

            スキ
            28

            【世界は「プランB」で出来ている 第2回】東芝「経営迷走」の原点はどこにあったのか?

            2022年6月28日に開催された東芝の定時株主総会は昨年同様、大荒れだった。 取締役13人全員が選任可決されたところまでは良いが、「物言う株主」(アクティビスト)から2人の取締役を受け入れることに反対していた綿引万里子社外取締役が自ら辞任した。東芝の株主総会は、2年続けて選任された取締役がその直後に辞任するという「異常事態」で開かれることになった。 前回記事はこちら。 日本を代表する「元」名門企業 近年の東芝はスキャンダルとドタバタのイメージが強い。しかし、言うまでもな

            スキ
            4

            【世界は「プランB」で出来ている 第1回】カーリングと企業経営の共通点とは?

            「プランB」とは何かを理解するためには、スポーツにおけるそれを知ることが分かりやすい。『「プランB」の教科書』の著者である尾崎弘之氏(神戸大学)に、カーリングの「プランB」を語ってもらった。 前回記事はこちら。 カーリング女子「ロコ・ソラーレ」の吉田知那美さんが7月27日に結婚を発表した。めでたいことだが、女子アスリートが結婚する時、マスコミはいまだに「A選手は結婚後も競技を続けます」といったコメントを入れる。男子選手の時には、こういうことは絶対に書かない。また、女性芸能

            スキ
            6

            【世界は「プランB」で出来ている 第0回】プランBとは何か?

            「プランB」(通常の日本語訳は「代替策」)は英語圏で日常的に使われている言葉である。かしこまった表現だと「Alternative Plan」と言うが、プランA(当初の計画)がうまく行かない時は、「プランBはないのか?」といった表現が一般的に使われる。   「プランB」のことを単なる「代替策」と思っている人が多いが、それは「プランB」の重要さを見誤っている。「プランB」は単なる次善の策でなく、組織が必ず用意しなければならない「次の一手」である。   なぜ、「プランB」を用意しな

            スキ
            9

            コの三 荻窪「カッパ」 加藤ジャンプ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記~」

            コの字カウンター界の高峰秀子  東京は杉並区荻窪は大正から昭和の初めにかけて別荘地として栄えたところだ。やがて数多くの作家・芸術家が暮らすようになった。井伏鱒二の『荻窪風土記』を読むと、トキワ荘みたいに、すごいメンツの家がここらに集まっていたことがわかる。  いまは別荘なんてないが、かわりに、たくさんの家といい飲み屋がある。いい町である。  地名の荻窪は咲いていた荻を集めてお堂をつくったとか、窪地だったから、とか。読んで字の如くの由来である。気になるのは「荻」である。「萩」

            スキ
            68

            辺境ノンフィクション作家・高野秀行の超ド級 語学青春記が9月5日に発売。 noteで本書の一部を先行公開!(後編)

            前編はこちら 第1章 語学ビッグバン前夜(インド篇)/後編2. 「正しさ」にこだわる人はいない    インド各地を旅し、1カ月後、私はカルカッタの中央駅に帰ってきた。  旅を始めたときとは別人のように精悍な面構えになっていた。やせてすっかり日焼けし、髪も髭も伸び放題、目は鋭く辺りをうかがっていた。日本を発つ前の、世間知らずのお坊ちゃんめいた面影はない。  だが、それはあくまで外見上である。なぜそういう顔になったのかは聞くも涙、語るも涙だ。インド旅行は試練の連続だった。

            スキ
            29

            辺境ノンフィクション作家・高野秀行の超ド級 語学青春記が9月5日に発売。 noteで本書の一部を先行公開!(前編)

            第1章 語学ビッグバン前夜(インド篇)/前編1.驚きの海外英語初体験  目の前で鳥みたいな顔をした英語ネイティヴの女性が何か懸命に喋っている。私はそれをぼーっと見ていた。    ──どうしよう。何一つわからない……。    ここはインドのカルカッタ(現コルカタ)。初めての海外旅行で、これが事実上の「初日」だった。片言のやりとりで済むタクシーの運転手やホテルのフロント係は別として、初めてまとまった会話をする相手の言うことが全くわからない。動揺すると同時に妙に納得もしていた。や

            スキ
            46

            コの二 王子「宝泉」 加藤ジャンプ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記~」

            「テレビ有ります」  昔、会社員だったころ、同僚にポストイットを残したとき「15時王子駅」と書いたつもりが「15時玉子駅」と書いてしまったことがあった。額に大きなホクロのある大仏のような王子が思い浮かんだ。その頃、まだ王子には行ったことがなかった。三十になる直前、王子を訪れた。いっぺんで好きになった。魅力的な酒場だらけなのである。  いろんな駅にいろんな目印がある。京都駅の京都タワー。渋谷駅のハチ公。新宿駅の新宿の目。王子駅はボウリングのピンだ。改札を出る。並ぶビルの屋上

            スキ
            20

            ライバル商品といかに差別化するのか?

            秋葉原を拠点に、アイデアグッズやパソコン周辺機器、面白家電を販売している「サンコー」という会社をご存じでしょうか。「面白くて役に立つ」をキーワードにユニークな新商品を年間100点以上も発売し、2021年には前年比2倍以上の売上を叩き出して注目を集めている会社です。 6月7日に発売した新書『スキを突く経営 面白家電のサンコーはなぜウケるのか』では、成長の秘密を同社トップの山光博康氏が大公開していますが、ここではその中から、急成長の牽引役となった商品・ネッククーラーシリーズにつ

            スキ
            3

            ネッククーラーが抱えていた大きな問題点

            〈電源の進化〉 ネッククーラーシリーズ歴代モデルにおける、重要な改良ポイントのひとつが電源です。 最初はUSBから電源を取っていたのですが、『ネッククーラーEvo』以降は専用の充電式バッテリーを本体に装備しました。そのおかげで完全にワイヤレスになっています。 こうなるとサイクリングやジョギングといったアクティブなシーンはもちろんのこと、体を動かして働く現場、たとえば工場、工事現場、農作業、街頭での配布作業など、屋外や空調のない場所で働く人たちにも、気軽に使ってもらえるよ

            スキ
            2

            コの一 蕨「㐂よし」 加藤ジャンプ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記~」

            グルメ漫画&エッセイ『今夜はコの字で』が、今年3月に集英社文庫から『今夜はコの字で 完全版』として発売され、4月からは本書が原作のドラマ「今夜はコの字で Season2」がBSテレビ東京で放送されました。そして、6月26日からはテレビ東京での地上波放送がスタート! 集英社インターナショナルの公式noteでは、原作・加藤ジャンプさんの新連載エッセイ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記~」を始めます。Season2に登場したコの字酒場はもちろん、新たなコの字酒場も紹介していく予

            スキ
            42