見出し画像

ところで、干し飯、芋がら縄とは?【第2.5回】担当編集者より

連載「戦国飯とともに”家康の伊賀越え”に挑む!」(黒澤はゆま)の第2回に出てきた干し飯芋がら縄、いったいどんなもの?と思った読者の方もいらっしゃるかもしれません。

集英社インターナショナル公式YouTubeチャンネルで、作り方を公開しています。「作ってみよう!戦国、まずい飯!」と題して、『戦国、まずい飯!』に出てくる干し飯と芋がら縄の作り方を担当編集がレシピ動画風にまとめました。

ぜひ、ご覧ください。

あわせて、ぜひ、黒澤さんの作るまでの奮闘ぶりと、実食レポを『戦国、まずい飯!』でご覧ください。

インターナショナル新書『戦国、まずい飯!』好評発売中!



更新情報は公式Twitterでもお伝えします。よかったらフォローしてください✨️

スキありがとうございます!!
1
集英社インターナショナルの公式アカウントです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など続々更新予定です! https://www.shueisha-int.co.jp/

こちらでもピックアップされています

戦国飯とともに「家康の伊賀越え」に挑む! 黒澤はゆま
戦国飯とともに「家康の伊賀越え」に挑む! 黒澤はゆま
  • 7本

「資料をとことん漁り、再現して、実食する、その執念がスゴイ!」と話題の書『戦国、まずい飯!』(弊社刊)。 そのスピンオフとして、 著者の歴史小説家・黒澤はゆまさんが、“家康の伊賀越え”に挑みます。 2泊3日、およそ200キロの道程に持っていくのは、もちろん「戦国のまずい飯」。 1粒食べれば3日元気な(はずの)兵糧丸(ひょうろうがん)に干飯(ほしいい)、芋がら縄、梅干しなどを携えての珍紀行です。 果たしてこの試みは成功するのでしょうか? ぜひ、フォローをお願いします。 毎週金曜日更新予定です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。