新書って何?
見出し画像

新書って何?

集英社インターナショナル

新書は独学の友フェア、今回は「そもそも新書って何?」というお話です。

本の種類

単行本、文庫、新書、雑誌……本にはいろいろな種類があります。

画像1

たとえば、「新書って何?」と聞かれたらあなたはどう答えますか?

「新書っていうのは……新書だよ。文庫よりちょっと縦長で……」と答えあぐねてしまうこともあるのでは。広辞苑にはどう書かれているでしょうか。

①新しく著述・編集された書物。また、新刊の書物。
②出版物の形式の一。B6判よりもやや小型で、比較的軽い読み物を収めた叢書。「―判」

新書はサイズによって決まる?


今回で言えば②のことで、こんなサイズの本全般を指します。
参考に名刺を並べてみました。

新書サイズについて

(豆知識:このサイズは出版社によってmm単位で変わります)

そして内容は、専門的・学術的なものやノンフィクションなどであることが多いです。
インターナショナル新書を例にとると……

歴史系
『明治の説得王・末松謙澄』『明治十四年の政変』『戦国、まずい飯!』

英語系
『英語の新常識』『英語の品格』『英語のこころ』

ビジネス系
『モデルナはなぜ3日でワクチンをつくれたのか』
『ステークホルダー資本主義』『ルポ 日本のDX最前線』

科学系
『物理学者のすごい思考法』『ウンチ化石学入門』
『怪獣生物学入門』

などなど。あくまでも一部分で、新書のテーマは非常に自由度が高いです。

新書の魅力、まだまだあります

手に取りやすい値段のものが多いというのも、うれしいポイント。

そしてなにより、何かを知りたいと思ったときに書店の新書売り場に行くと、答えに近づける本が必ず見つかるということです。

それ以前に「自分が何に興味を持っているのかわからない!」なんてときにも、タイトルを眺めていけばアンテナにひっかかるテーマの新書がきっと見つかるはずです。

画像4

こちらは2021年に刊行したインターナショナル新書。気になるタイトルはあるでしょうか?

インターナショナル新書って何?

新書にはたくさんのレーベルがあり、各社それぞれの性格や得意分野があります。そのなかで、インターナショナル新書ではずばり、
わからないことをわかりやすく!」をモットーにせっせと本を編んでおります。


手に取っていただいた方の「独学の友」にしてもらえるような、そんな本を目指して早5年。
これからも広く深く楽しんでいただけるようにがんばります!



(インターナショナル新書の全ラインナップはこちらから!)


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

更新のお知らせや弊社書籍に関する情報など、公式Twitterで発信しています✨️ よかったらフォローしてください(^^)

嬉しいです(^^) ありがとうございます!
集英社インターナショナル
集英社インターナショナルの公式noteです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など更新予定です! https://www.shueisha-int.co.jp/