集中公開【今読むべきコロナブルーを乗り越える本】

24
コロナブルーを乗り越える本 金原瑞人

コロナブルーを乗り越える本 金原瑞人

翻訳家の金原瑞人さんは王城夕紀のファンタジー小説を紹介。登場人物がウイルスについて話す「突然変異に拡散する」「手ごわいよ」「偶然まで使って攻めてくる」などの言葉が、現在の状況に重なって心に響きます。 ※この記事は、集英社インターナショナル公式サイトで2020年4月10日に公開された記事の再掲載です。 『マレ・サカチのたったひとつの贈物』王城夕紀/中公文庫 東洋を舞台にしたファンタジー『天盆』でデビューした王城夕紀の2作目が、これ。文庫の解説を書いたことがあるので、それを

スキ
2