マガジンのカバー画像

連載 言語の天才まで1億光年 高野秀行

21
「誰も行かないところに行き、誰もやらないことをやり、誰も書かない本を書く」をモットーにしているノンフィクション作家、高野秀行さん。辺境の地では、テキストはもちろん辞書もないような… もっと読む
運営しているクリエイター

#高野秀行

混沌のゴールデントライアングル言語群篇 (5)麻薬王のアジトでビルマ語を習う

日本語教師だったことが功を奏し、シャン人のアジト潜入に成功した高野さん、そこでシャン語を習おうという企てはだが、思わぬ方向に──。

シャン語を習いながらコネをつかむ。素晴らしい一石二鳥作戦のはずだったが、いきなりつまずいた。シャン語を教えられる人がいないのだ。

シャン語の読み書きができないシャン人
 前述したように、この家(アジト)には社長のお兄さんの家族、親戚、そしてクンサー軍の兵士(少年兵

もっとみる
ありがとうございます\(^O^)/

混沌のゴールデントライアングル言語群篇 (4)麻薬王のアジトでシャン語に出合う

チェンマイ大学で「先生、いじわる〜」と女子学生に言われる日本語教師は、世を忍ぶ仮の姿だった!?  高野さんの野望が明らかに!

 チェンマイで第二の青春を謳歌していた私だが、このまま日本語教師に落ち着くつもりは毛頭なかった。実はチェンマイに来る前からひじょうに明確な目標があったのだ。それは「ゴールデントライアングルに住み込んでケシ栽培を行ってアヘンをつくる」という端から見れば突拍子もないものだっ

もっとみる
ありがとうございます\(^O^)/

混沌のゴールデントライアングル言語群篇 (3)「日本文学」でマンガ講読

チェンマイで第二の青春を謳歌しながらも、熱心にタイ語の勉強に取り組んだ高野さん。日本語教師としても「話し言葉」を教えることに力を入れた。そのどちらにも役立った画期的なテキストとは。

 現地に住みながら言語を学ぶのは言語好きにとって申し分のないシチュエーションである。チェンマイにはかつてなかったほど、いろいろな学習法の選択肢が揃っていた。私は片っ端からそれらを試していった。学習法を試すこと自体にも

もっとみる
ありがとうございます✨️ また見にきてください♪

混沌のゴールデントライアングル言語群篇 (2)チェンマイで迎えた第二の青春

言語オタクとしてこの上なく充実していた学生生活に別れを告げ、タイ語短期集中講座を経て、タイの北部のチェンマイで社会人生活をスタートさせた高野さん。 そこで待ち受けていたものとは──。

 刺激の強いアフリカのコンゴや南米を歩き回っていた私にとって、タイのチェンマイは新天地そのものだった。こぢんまりとして、町も人も気候も穏やかでのんびりしていた。

天国のような新天地
 私が赴任したチェンマイ

もっとみる
ありがとうございます✨️ また見にきてください♪

混沌のゴールデントライアングル言語群篇 (1)理想の語学学校

アフリカ、ヨーロッパ・南米に続き、今回からいよいよアジアに突入!
タイのチェンマイ赴任前に、いつものようにまずは言語の準備から始めた高野さん。珍しく学校に通うことに──。

 タイ語の学習を始めたのはフランス文学専修の卒業論文が受理され卒業が決まった直後の1992年3月のことだった。超がつくほど自己中心的である私はあれほど7年間の学生時代を好き放題に過ごしていたにもかかわらず、卒業が決まると「学校

もっとみる
嬉しいです(^^) ありがとうございます!

ヨーロッパ・南米篇(3)コロンビア、魔術的リアリズムの旅

 パロマ先生に習ったスペイン語を携えて高野さんが向かったのは、治安の悪い、南米コロンビア。未来が見えるという幻覚剤を求める道中、高野さんが身をもって経験したのは、ラテンアメリカ文学の世界でした。

 私はスペイン語圏を旅したことが5回ある。最初は南米のコロンビア、次が同じくペルーとボリビア、そしてスペインにも2回行き、最後は2017年で、ペルーを再び訪れた。
 中でも圧倒的に印象深いのは、スペイン

もっとみる
嬉しいです(^^) ありがとうございます!

【高野秀行 人気連載】言語の天才まで1億光年 「アフリカ篇」まとめ読み

学んだ言語は20以上、言語の天才に憧れる高野さんが、自らの言語体験をたどる人気連載【言語の天才まで1億光年】。
フランス語、リンガラ語、ボミタバ語&more!の「アフリカ篇」が完結しましたので、まとめ読みしコーナーを作成しました。高野さん手書きの地図、図版などが新たに追加されている回もあります。
なお、高野さんの言語人生を振り返りますので、一部が既刊の本の内容と重なる場合がありますが、ご了承くださ

もっとみる
スキありがとうございます!!

ヨーロッパ・南米編(1)イタリア語との初対決デスマッチ

今回からヨーロッパ・南米篇がスタートします!
1回目のテーマはイタリア語。ほとんどの場合、現地探索や調査のための手段として言語を学んできた高野さんでしたが、イタリア語は事情が違っていました。

 私は7年間、大学の学部に在籍し、その間、日本語と英語以外に6つの言語を学んだり喋ったりしていた。フランス語、リンガラ語、ボミタバ語、スペイン語、スワヒリ語、ポルトガル語である。
 ずいぶん多岐にわたるよう

もっとみる
嬉しいです(^^) ありがとうございます!

アフリカ篇(9)民族語の世界とムベンベの正体

メジャーテレビ番組のアルバイトで再びコンゴへ向かった高野さん。その分け入った先はまたしても広大な言語の世界! アフリカ篇、いよいよ佳境です。

 公式には早大探検部によるムベンベ探査は2回である。1回目は私と向井で行った偵察、そして2回目がテレ湖まで行った本番だ。しかし、あまり知られていないが、実は3回目があった。
 当時人気のあったクイズ番組「なるほど! ザ・ワールド」でムベンベ探索を目的とした

もっとみる
ありがとうございます✨️ また見にきてください♪

アフリカ篇(8) アイデンティティ・クライシスとボミタバ語学習

全く現れないムベンベ、なぜか足りない食料……。今回は飢えが引き起こしたアイデンティティクライシスに陥った高野さんがすがったもの──仰天です。

 私たちはテレ湖に1カ月間滞在する予定で、その分の食料を用意して持ってきたはずなのに、実は半分ぐらいしか湖に届けられなかった。後でわかったことだが、最初から村の人々に数をごまかされたうえ、運搬の途中でポーターたちが森の中に隠していたという。
 当然のこと

もっとみる
スキありがとうございます!!

アフリカ篇(7) 初体験の民族語はボミタバ語

  今回はいよいよムベンベ探索へ出発。英語、フランス語、リンガラ語を駆使し、大活躍の高野さんが味わった絶頂と失望とは。

 前にも述べたように、〈コンゴ〉を含め、多くのアフリカ諸国の人たちの言語観は3階建ての建物のような階層をなしている。すなわち最上階には高級デパートのような英語、フランス語、ポルトガル語などヨーロッパの言語の世界が君臨し、2階には中央市場のような地域の共通語の世界が広がり、そして

もっとみる
スキありがとうございます!!

アフリカ篇(6) 仲良くなる特効薬リンガラ語の強烈な副作用

リンガラ語を習得し、ウケをとっていたら、現地の人との間で何が起きたか。抱腹の高野ワールドをご堪能ください。

 現地の共通語であるリンガラ語を話すことによって、桁違いのスピードと深さで〈コンゴ〉の人たちと仲良くなる方法を確立した私たちだったが、まもなくこの効きすぎる薬の強烈な副作用に悩まされはじめた。
「仲良くなる」とは、互いの距離が近くなることであるが、日本人と〈コンゴ〉の人たちでは距離感がち

もっとみる
嬉しいです(^^) ありがとうございます!

アフリカ篇(5)謎の怪獣はフランス語で何と呼ぶか

 コンゴとザイールで、高野さんはフランス語とリンガラ語を混ぜて話すことも。今回は、民族語、リンガラ語、フランス語を話している現地の人々の言語事情をわかりやすく解説。 

 この連載を読んでいる方は、私がさぞやリンガラ語に堪能だったように思われるかもしれないが、残念ながらそうではない。最初は片言程度だったし、その後何度もコンゴへ通ううちにある程度上達したが、それでもリンガラ語だけの会話は難しく、フラ

もっとみる
嬉しいです(^^) ありがとうございます!

アフリカ篇(4)ウケる! リンガラ語学習

 なんと、怪獣探しの隊員のために、リンガラ語のテキストまで作成した高野さん。現地では物真似リンガラ語でウケを取りつつ、コンゴとザイールの違いなどを学んでいきました。 

 私と向井は結局、ザイールとコンゴに2カ月ほど滞在した。コンゴ政府と交渉したり、ムベンベが棲むと言われる湖の周辺の村々を調査して歩きながら、リンガラ語をせっせと覚えていった。帰国してから、私は他のコンゴ隊メンバーのために、リンガラ

もっとみる
スキありがとうございます!!