連載 言語の天才まで1億光年 高野秀行

21
ヨーロッパ・南米篇(5)

なんて理不尽なフランス語!

ヨーロッパ・南米篇(5) なんて理不尽なフランス語!

〈コンゴ〉や南米アマゾンと、世界をまたにかけてアルバイトをしているうちに、留年を繰り返した高野さんにも、進路を考えるときがきました。そこで、研究者を目指すため、フランス人の人類学者に会ったのですが──。  フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語とたどっていったロマンス諸語の旅であるが、最後に話は再びフランス語に戻ってくる。  前にも述べたように、私は具体的な目標があれば相当頑張るのだが、目標がなくなると、とたんにモチベーションメーターがゼロになるという悪癖がある。

28
ヨーロッパ・南米篇(3)コロンビア、魔術的リアリズムの旅

ヨーロッパ・南米篇(3)コロンビア、魔術的リアリズムの旅

 パロマ先生に習ったスペイン語を携えて高野さんが向かったのは、治安の悪い、南米コロンビア。未来が見えるという幻覚剤を求める道中、高野さんが身をもって経験したのは、ラテンアメリカ文学の世界でした。  私はスペイン語圏を旅したことが5回ある。最初は南米のコロンビア、次が同じくペルーとボリビア、そしてスペインにも2回行き、最後は2017年で、ペルーを再び訪れた。  中でも圧倒的に印象深いのは、スペイン語を習い始めて半年ほど経った1990年に訪れたコロンビアだ。今振り返っても、35

26
アフリカ篇(4)ウケる! リンガラ語学習

アフリカ篇(4)ウケる! リンガラ語学習

 なんと、怪獣探しの隊員のために、リンガラ語のテキストまで作成した高野さん。現地では物真似リンガラ語でウケを取りつつ、コンゴとザイールの違いなどを学んでいきました。   私と向井は結局、ザイールとコンゴに2カ月ほど滞在した。コンゴ政府と交渉したり、ムベンベが棲むと言われる湖の周辺の村々を調査して歩きながら、リンガラ語をせっせと覚えていった。帰国してから、私は他のコンゴ隊メンバーのために、リンガラ語の入門テキストを作成した。 「突撃リンガラ語入門」  「突撃リンガラ語入門」

54
アフリカ篇(3)言語ビッグバン

アフリカ篇(3)言語ビッグバン

 フランス語とリンガラ語を携え、初めてアフリカの地へ。そこで高野さんを迎えたのは強烈なリンガラ音楽と、人々の悲鳴! そして高野さんに起きたこととは──。   初めてアフリカの地に降り立った日のことは忘れられない。   私はムベンベ探索の偵察という名目で、向井という後輩と2人、パリ経由でザイールの首都キンシャサを訪れた。1987年のことだ。  本来の目的地であるコンゴの方は前にも述べたように日本に大使館がなかったので、まずは日本に大使館のあるザイールのビザを取り、そちらに行っ

53
アフリカ篇(2)新たな敵とリンガラ語

アフリカ篇(2)新たな敵とリンガラ語

コンゴでの怪獣さがしのためフランス語だけでなく、リンガラ語を習おうと決意した高野さん。きっかっけは突然出現したテレビ番組制作会社の存在でした……。  私の言語人生(なんてものがあればだが)を振り返ると、初期の段階で、節目節目に不思議な力が働いていたと思わざるをえない。コンゴへ行くためにはフランス語ができれば十分だったのに、途中から並行してリンガラ語を学習することになってしまったのだ。  理由は、RPG的にいえば、「新たな敵の出現」だった。 ゴジラ現る  私が探検部の仲間と

102
アフリカ篇(1)初めて「魔法」を手に入れた日

アフリカ篇(1)初めて「魔法」を手に入れた日

 高野秀行さんが自らの言語体験をたどる連載、第一回は、暗黒舞踏ダンサーから習ったフランス語について。その目的と、特異ながら効果的な学習方法とは。  私は無類の言語好きで、これまで20を超える言語を習い、実際に現地で使っている。  ・・・・・・などと言うと、「やっぱり言語の天才なんですね!」などと感嘆されてしまうのだが、残念ながら現実はまるでちがう。  私が使える言語のなかで、最も得意なのは(日本語を除くと)圧倒的に英語であり、その英語ですらネイティブの言うことはさっぱりわか

186