集英社インターナショナル

集英社インターナショナルの公式noteです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など更新予定です! https://www.shueisha-int.co.jp/

集英社インターナショナル

集英社インターナショナルの公式noteです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など更新予定です! https://www.shueisha-int.co.jp/

    マガジン

    • 【連載】加藤ジャンプ「今夜はコの字で 全国コの字酒場漂流記」

      コの字酒場探検家・加藤ジャンプさんの連載エッセイです。ドラマ「今夜はコの字で Season2」に登場したお店をはじめ、全国各地のコの字酒場に足を運び、コの字カウンターでの人のふれあい、酒と肴を綴ります。イラストは、『今夜はコの字で』の作画をした故・土山しげるさんの元スタッフ、タカヤスさんが描きます。[毎月第1・第3金曜日更新]

    • 世界は「プランB」で出来ている

      何事においても「プラン」が重要であることは今さら言うまでもない。だが、どんな計画もそのままでは成功しない。なぜなら現実はつねに複雑で、我々の計画を裏切るからだ。そこで重要になってくるのが「次の一手」である。英語ではそれを「プランB」である。 弊社新刊『「プランB」の教科書』の著者である尾崎弘之氏(神戸大学)にそのエッセンスを語ってもらうのが本連載である。

    • 【連載終了&書籍化決定‼】言語の天才まで1億光年 高野秀行

      「誰も行かないところに行き、誰もやらないことをやり、誰も書かない本を書く」をモットーにしているノンフィクション作家、高野秀行さんがnoteに連載していた語学エッセイ【言語の天才まで1億光年】が、書籍『語学の天才まで1億光年』として2022年9月5日に発売されます! 本書の刊行を記念して、発売に先駆け、書籍のために加筆した「第1章 語学ビッグバン前夜(インド篇)」の一部を公開中です。 25以上の言語を学んだ高野さんも、スタートは英語。でもエピソードも学習法もいきなり超ド級!です。 ぜひお楽しみください。 ※文章は最終版ではないため、表記などが書籍と異なる場合があることをご了承ください

    • インターナショナル新書   創刊5周年「新書は独学の友」

      2022年に創刊5周年を迎えるインターナショナル新書。 書店さんでのフェアやプレゼントキャンペーン、オンラインイベントなど、記念企画について発信していきます📚

    • #読書の秋2021 集英社インターナショナル

      #読書の秋2021 集英社インターナショナルの課題図書にお寄せいただいた感想文のまとめです。

    ウィジェット

    • 商品画像

      目の見えない白鳥さんとアートを見にいく

      川内 有緒
    • 商品画像

      さよなら、野口健

      小林 元喜
    • 商品画像

      ホーム・コーヒー・ロースティング お家ではじめる自家焙煎珈琲

      嶋中 労
    • 商品画像

      リベラルアーツ 「遊び」を極めて賢者になる (インターナショナル新書)

      浦久 俊彦
    • 商品画像

      江戸藩邸へようこそ 三河吉田藩「江戸日記」 (インターナショナル新書)

      久住 祐一郎

    リンク

    記事一覧

    コの十二 三軒茶屋「伊勢元」 加藤ジャンプ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記」

    漫画の舞台にしたいと思っていた  東京は世田谷のだいたい真ん中に位置する三軒茶屋。町名は江戸時代に、この町で二つの街道が交わるあたりに、三軒の茶屋があったことに…

    野口健が『さよなら、野口健』を読んだ時~野口健&小林元喜トークイベント

    2022年12月6日(火)、『さよなら、野口健』の著者・小林元喜さんと野口健さんのトークイベントを新宿ロフトプラスワンで開催しました。 野口健さんは25歳でエベレストに…

    「移って、暮らして、考えた。 メキシコシティ―大阪、移住者リモート対談」嘉山正太×スズキナオ@本屋B&B

    2022年11月21日、大阪とメキシコシティをつないだ太平洋横断対談が実現しました。 9月に『マジカル・ラテンアメリカ・ツアー 妖精とワニと、移民にギャング』を出版したメ…

    コの十一 神保町「兵六」 加藤ジャンプ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記~」

    良き飲兵衛、良き店主、良き酒と肴  ドラマ『今夜はコの字で』に2シーズン通じて舞台になったコの字酒場は一軒しかない。そこが今回の行き先だ。神保町のコの字酒場「兵…

    コの十二 三軒茶屋「伊勢元」 加藤ジャンプ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記」

    コの十二 三軒茶屋「伊勢元」 加藤ジャンプ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記」

    漫画の舞台にしたいと思っていた

     東京は世田谷のだいたい真ん中に位置する三軒茶屋。町名は江戸時代に、この町で二つの街道が交わるあたりに、三軒の茶屋があったことに由来する。いまでは三軒どころではなく千軒茶屋くらいに賑やかである。

     田園都市線と世田谷線という二つの東急の路線の駅がある三軒茶屋には、酒場もたくさんあって、コの字カウンターをかまえたところも何軒かある。なかでも、今回訪れた店は、界隈で

    もっとみる
    野口健が『さよなら、野口健』を読んだ時~野口健&小林元喜トークイベント

    野口健が『さよなら、野口健』を読んだ時~野口健&小林元喜トークイベント

    2022年12月6日(火)、『さよなら、野口健』の著者・小林元喜さんと野口健さんのトークイベントを新宿ロフトプラスワンで開催しました。

    野口健さんは25歳でエベレストに登頂し、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を樹立。現在は富士山清掃などの環境活動、ネパール大地震の災害支援など、社会貢献にも取り組んでいます。
    その野口さんのマネージャーをかつて務めていた小林さんは、18年の間に3度も野口健事務所を辞

    もっとみる
    「移って、暮らして、考えた。 メキシコシティ―大阪、移住者リモート対談」嘉山正太×スズキナオ@本屋B&B

    「移って、暮らして、考えた。 メキシコシティ―大阪、移住者リモート対談」嘉山正太×スズキナオ@本屋B&B

    2022年11月21日、大阪とメキシコシティをつないだ太平洋横断対談が実現しました。
    9月に『マジカル・ラテンアメリカ・ツアー 妖精とワニと、移民にギャング』を出版したメキシコ在住の撮影コーディネーター・嘉山正太さん、そして同じく9月に『ご自由にお持ちくださいを見つけるまで家に帰れない一日』(パリッコさんとの共著)を出版した大阪在住のライター・スズキナオさん。
    関東圏出身で、移住先で「人に会い、話

    もっとみる
    コの十一 神保町「兵六」 加藤ジャンプ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記~」

    コの十一 神保町「兵六」 加藤ジャンプ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記~」

    良き飲兵衛、良き店主、良き酒と肴

     ドラマ『今夜はコの字で』に2シーズン通じて舞台になったコの字酒場は一軒しかない。そこが今回の行き先だ。神保町のコの字酒場「兵六」である。劇中、この店は中村ゆりさん演じる恵子と微妙な関係にあった世界的に活躍するフォトグラファーの元交際相手・透(竹財輝之助さん)との思い出の店として登場した。ドラマの放送後、透の座った席にあらためて腰をおろしたら、ちょっと自分が透に

    もっとみる