集英社インターナショナル

集英社インターナショナルの公式noteです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など更新予定です! https://www.shueisha-int.co.jp/

集英社インターナショナル

集英社インターナショナルの公式noteです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など更新予定です! https://www.shueisha-int.co.jp/

    マガジン

    • 【連載】加藤ジャンプ「今夜はコの字で 全国コの字酒場漂流記」

      コの字酒場探検家・加藤ジャンプさんの連載エッセイです。ドラマ「今夜はコの字で Season2」に登場したお店をはじめ、全国各地のコの字酒場に足を運び、コの字カウンターでの人のふれあい、酒と肴を綴ります。イラストは、『今夜はコの字で』の作画をした故・土山しげるさんの元スタッフ、タカヤスさんが描きます。[毎月第1・第3金曜日更新]

    • 世界は「プランB」で出来ている

      何事においても「プラン」が重要であることは今さら言うまでもない。だが、どんな計画もそのままでは成功しない。なぜなら現実はつねに複雑で、我々の計画を裏切るからだ。そこで重要になってくるのが「次の一手」である。英語ではそれを「プランB」である。 弊社新刊『「プランB」の教科書』の著者である尾崎弘之氏(神戸大学)にそのエッセンスを語ってもらうのが本連載である。

    • 【連載終了&書籍化決定‼】言語の天才まで1億光年 高野秀行

      「誰も行かないところに行き、誰もやらないことをやり、誰も書かない本を書く」をモットーにしているノンフィクション作家、高野秀行さんがnoteに連載していた語学エッセイ【言語の天才まで1億光年】が、書籍『語学の天才まで1億光年』として2022年9月5日に発売されます! 本書の刊行を記念して、発売に先駆け、書籍のために加筆した「第1章 語学ビッグバン前夜(インド篇)」の一部を公開中です。 25以上の言語を学んだ高野さんも、スタートは英語。でもエピソードも学習法もいきなり超ド級!です。 ぜひお楽しみください。 ※文章は最終版ではないため、表記などが書籍と異なる場合があることをご了承ください

    • インターナショナル新書   創刊5周年「新書は独学の友」

      2022年に創刊5周年を迎えるインターナショナル新書。 書店さんでのフェアやプレゼントキャンペーン、オンラインイベントなど、記念企画について発信していきます📚

    • #読書の秋2021 集英社インターナショナル

      #読書の秋2021 集英社インターナショナルの課題図書にお寄せいただいた感想文のまとめです。

    ウィジェット

    • 商品画像

      目の見えない白鳥さんとアートを見にいく

      川内 有緒
    • 商品画像

      さよなら、野口健

      小林 元喜
    • 商品画像

      ホーム・コーヒー・ロースティング お家ではじめる自家焙煎珈琲

      嶋中 労
    • 商品画像

      リベラルアーツ 「遊び」を極めて賢者になる (インターナショナル新書)

      浦久 俊彦
    • 商品画像

      江戸藩邸へようこそ 三河吉田藩「江戸日記」 (インターナショナル新書)

      久住 祐一郎

    リンク

    記事一覧

    「つくっちゃえ、みなさん!」

    本日、12月7日、木﨑賢治著『プロデュースの基本』が発売されました! 1~5章までの抜粋をご覧くださり、ありがとうございました。 早くも「人生のバイブル」「2回読んだ…

    「自分が納得できた仕事だけが糧となる」

    12月7日(月)発売の木﨑賢治著『プロデュースの基本』、最終章の第5章は、50年近く真摯に音楽をつくってきた木﨑さんが気づき、考えてきた、人生と仕事について。「なりた…

    「ヒットに繫がると思えることは、とことん分析したい」

    『プロデュースの基本』第4章では、長きにわたりヒット曲をつくり続けた木﨑賢治さんが曲づくりの法則を明かしています。時代と楽曲の関係、状況設定が生み出す歌詞。音楽…

    「交渉するときは感謝の気持ちを」

    12月7日発売の木﨑賢治著『プロデュースの基本』、今回は第3章より抜粋です。この章は、仕事をするうえで大切な、仕事相手とのコミュニケーション方法などがテーマ。クリエ…

    「昔の自分が好きだった古い音楽を、ずっと聴かないようにしていました」

    12月7日発売『プロデュースの基本』、今回は第2章より抜粋です。 求めているからこそ、見えてくるものとは。そして、著者の木﨑さんが昔の曲を聴かない意味とは。 [5 …

    「好きだと感じたものを、実際につくってみることから全ては始まる」

    12月7日発売、『プロデュースの基本』の一部を短期連載で公開します! 今回は第1章より抜粋です。 沢田研二からBUMP OF CHICKENまでを手がけた著者の木﨑賢治さんは、 「…

    「つくっちゃえ、みなさん!」

    「つくっちゃえ、みなさん!」

    本日、12月7日、木﨑賢治著『プロデュースの基本』が発売されました!
    1~5章までの抜粋をご覧くださり、ありがとうございました。
    早くも「人生のバイブル」「2回読んだ」など絶賛の声が寄せられている本書の「はじめに」を公開します。
    自分でつくるからこそ、見えてくるものがある。
    木﨑さんのメッセージは、「つくっちゃえ、みなさん!」です。

    はじめに
     この本を書こうとしたとき、小学五年生くらいのときを

    もっとみる
    「自分が納得できた仕事だけが糧となる」

    「自分が納得できた仕事だけが糧となる」

    12月7日(月)発売の木﨑賢治著『プロデュースの基本』、最終章の第5章は、50年近く真摯に音楽をつくってきた木﨑さんが気づき、考えてきた、人生と仕事について。「なりたい自分が見えていたら、愚痴を言っている暇はない」「自分が納得できた仕事だけが糧となる」など、響く言葉が並びます。

    [3 自分がうれしかったことを人にしてあげる]
    「自分がうれしかったことを人にしてあげる」というのは、「自分がイヤだっ

    もっとみる
    「ヒットに繫がると思えることは、とことん分析したい」

    「ヒットに繫がると思えることは、とことん分析したい」

    『プロデュースの基本』第4章では、長きにわたりヒット曲をつくり続けた木﨑賢治さんが曲づくりの法則を明かしています。時代と楽曲の関係、状況設定が生み出す歌詞。音楽制作だけでなく、すべてのものづくりに応用できる秘訣が満載です。

    [4 今あるといいアーティスト像を考える] 僕らの仕事は、他にない音楽をつくること。今すでにいるアーティストや音楽を真似してもしょうがない。何でもいいから一味違う音楽をつくっ

    もっとみる
    「交渉するときは感謝の気持ちを」

    「交渉するときは感謝の気持ちを」

    12月7日発売の木﨑賢治著『プロデュースの基本』、今回は第3章より抜粋です。この章は、仕事をするうえで大切な、仕事相手とのコミュニケーション方法などがテーマ。クリエイティブな人とはどのような人か、次の仕事に繫がる断り方とは?──などなど、ヒントが並びます。

    [2 おもしろい歌詞を書く人は、独自の視点を持っている]
     ものを見る視点というものは、ある程度若いときの生き方で決まってくるんじゃないかな

    もっとみる
    「昔の自分が好きだった古い音楽を、ずっと聴かないようにしていました」

    「昔の自分が好きだった古い音楽を、ずっと聴かないようにしていました」

    12月7日発売『プロデュースの基本』、今回は第2章より抜粋です。
    求めているからこそ、見えてくるものとは。そして、著者の木﨑さんが昔の曲を聴かない意味とは。

    [5 切羽詰まると見えてくるもの] 新しい組み合わせは、時間をかけて考え抜いた末に生まれるとはかぎりません。むしろ時間がなくて「いや、これは困ったな」と切羽詰まっているときに結びつくことが多い気がします。溺れる者は藁をもつかむという感じです

    もっとみる
    「好きだと感じたものを、実際につくってみることから全ては始まる」

    「好きだと感じたものを、実際につくってみることから全ては始まる」

    12月7日発売、『プロデュースの基本』の一部を短期連載で公開します!
    今回は第1章より抜粋です。
    沢田研二からBUMP OF CHICKENまでを手がけた著者の木﨑賢治さんは、
    「好きだと感じたものを、実際につくってみることから全ては始まる」
    と言います。

    [2 なぜおもしろいのか、理由を分析する] 子供時代の僕は「なんで?」という言葉を連発していました。それと同じぐらい言っていたのが「わから

    もっとみる