集英社インターナショナル

集英社インターナショナルの公式noteです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など…

集英社インターナショナル

集英社インターナショナルの公式noteです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など更新予定です! https://www.shueisha-int.co.jp/

マガジン

  • 世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

    世界各国で暮らす日本出身の人々。彼ら/彼女らはどのようにその国と出会い、移住し、そしてどのように働いているのか? そこには、意外と身近な事情や、驚きのドラマがありました。海外在住の日本人500人以上と接してきたライター・おかけいじゅんと一緒に、めくるめくニホンジン探訪の旅に出かけましょう。

  • 死の授業、開幕! 各界の知識人が「死」を考える

    孤独死、絶望死、病死、事故死、自死、他殺……死を恐れる感情はどこから来るのか。 死から考える「人生の価値」、不死が人を幸せにしない理由、日本と諸外国との死生観の違い……医学・哲学・倫理・葬儀・墓・遺品整理・芸術・生物学・霊柩車・死刑制度などの専門家に、死への「正しい接し方」を聞く。

  • 【鹿島アントラーズ監督】コソボから来たセルビア人ポポヴィッチ

    2024年シーズンから新たに鹿島アントラーズの監督に就任した、コソボ出身のセルビア人、ランコ・ポポヴィッチ。 ポポヴィッチの出身地コソボとは、どのような国なのか。ポポヴィッチの半生とともに、コソボという国家の歴史に迫る、ノンフィクション作家・木村元彦さんによる短期連載。

  • 異邦人のロンドン──移住者たちのトゥルー・ストーリー

    翻訳家・園部哲さん初の著書『異邦人のロンドン』刊行記念の短期連載。 30年以上滞在しているロンドンの街を「移民」の視点から描くこの本には、王室報道ではお目にかかることのできない、コスモポリタン都市の素顔があります。 あなたの知らないロンドンの姿がここに。

  • 【連載】加藤ジャンプ「今夜はコの字で 全国コの字酒場漂流記」

    コの字酒場探検家・加藤ジャンプさんの連載エッセイです。ドラマ「今夜はコの字で Season2」に登場したお店をはじめ、全国各地のコの字酒場に足を運び、コの字カウンターでの人のふれあい、酒と肴を綴ります。イラストは、『今夜はコの字で』の作画をした故・土山しげるさんの元スタッフ、タカヤスさんが描きます。

ウィジェット

  • 商品画像

    罰ゲーム化する管理職 バグだらけの職場の修正法 (インターナショナル新書)

    小林 祐児
  • 商品画像

    物理学者のすごい日常 (インターナショナル新書)

    橋本 幸士
  • 商品画像

    「死」を考える

    『エース』編集室
  • 商品画像

    異邦人のロンドン

    園部 哲
  • 商品画像

    夜明けを待つ

    佐々 涼子

リンク

記事一覧

第1回【鹿島アントラーズ新監督】コソボから来たセルビア人 、ランコ・ポポヴィッチ

●コソボ出身のセルビア人サッカー指導者がJリーグに  ランコ・ポポヴィッチの存在を初めて知ったのは、2006年の年末に祖母井秀隆(元ジェフ千葉GM)から、話を聞…

#024 ヨーロッパ随一の芸術の街で暮らす、歌手兼女優兼劇場支配人【オーストリア】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外…

お名前:岡﨑麻奈未さん ご職業:歌手、舞台女優、劇場支配人 在住地:ウィーン(2007年~) 出身地:埼玉 個人ホームページ:http://www.manami-okazaki.com 劇場ホームペ…

#023 紛争地の国際看護師が、アフリカで農家になるまで【ウガンダ】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

お名前:オピヨ美奈子さん ご職業:農家、旅行・視察のアテンド 在住地:グル(2016年~) 出身地:新潟 お仕事の依頼など:https://locotabi.jp/loco/amnk6515 紛争地で…

#022 派手さとゆるさが同居する、現在「永住最高難度」の場所【マカオ(中国)】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ…

お名前:椿さん ご職業:政府公認観光ガイド 在住地:マカオ(2010年~) 出身地:福岡 YouTube:https://youtube.com/@MacauTsubaki 閉塞感から抜け出すため、単身海外移…

#021 「自由」を求めて、パリで活躍するタトゥーアーティスト【フランス】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

お名前:Yoshika Akazakiさん ご職業:タトゥーアーティスト 在住地:パリ(1993年~) 出身地:香川 Instagram:https://www.instagram.com/yoshikar/ Yoshikaさん運営の…

第1回【鹿島アントラーズ新監督】コソボから来たセルビア人 、ランコ・ポポヴィッチ

第1回【鹿島アントラーズ新監督】コソボから来たセルビア人 、ランコ・ポポヴィッチ

●コソボ出身のセルビア人サッカー指導者がJリーグに

 ランコ・ポポヴィッチの存在を初めて知ったのは、2006年の年末に祖母井秀隆(元ジェフ千葉GM)から、話を聞いたのがきっかけだった。祖母井は、知る人ぞ知るオシムを日本に招聘した人物で、大阪体育大で指導をしていた頃から、堪能なドイツ語を駆使して東欧のサッカー人脈を構築していた。ゆえに、情報の精度は極めて高い。日本代表監督に就任して5カ月のオシムを

もっとみる
#024 ヨーロッパ随一の芸術の街で暮らす、歌手兼女優兼劇場支配人【オーストリア】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

#024 ヨーロッパ随一の芸術の街で暮らす、歌手兼女優兼劇場支配人【オーストリア】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

お名前:岡﨑麻奈未さん
ご職業:歌手、舞台女優、劇場支配人
在住地:ウィーン(2007年~)
出身地:埼玉
個人ホームページ:http://www.manami-okazaki.com
劇場ホームページ:https://www.theaterarche.at/

憧れと直感に導かれてヨーロッパへ――日本の音大卒業後にオーストリアに行かれたとのことですが、どういったきっかけがあったんでしょうか?

もっとみる
#023 紛争地の国際看護師が、アフリカで農家になるまで【ウガンダ】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

#023 紛争地の国際看護師が、アフリカで農家になるまで【ウガンダ】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

お名前:オピヨ美奈子さん
ご職業:農家、旅行・視察のアテンド
在住地:グル(2016年~)
出身地:新潟
お仕事の依頼など:https://locotabi.jp/loco/amnk6515

紛争地で活動する「国際看護師」――もともと日本の病院で看護師として働きながら、「国際看護師」としても海外の紛争地で活動されていたそうですね。それはどういったきっかけがあったのでしょうか?

 大学生のころ、

もっとみる
#022 派手さとゆるさが同居する、現在「永住最高難度」の場所【マカオ(中国)】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

#022 派手さとゆるさが同居する、現在「永住最高難度」の場所【マカオ(中国)】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

お名前:椿さん
ご職業:政府公認観光ガイド
在住地:マカオ(2010年~)
出身地:福岡
YouTube:https://youtube.com/@MacauTsubaki

閉塞感から抜け出すため、単身海外移住――マカオとの出合いを教えてください。

 最初のきっかけは知人からのアドバイスでした。元々私は東京の貿易会社で働いていたんですが、夜遅くまで残業することも多く、その割に給料も上がりづらい

もっとみる
#021 「自由」を求めて、パリで活躍するタトゥーアーティスト【フランス】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

#021 「自由」を求めて、パリで活躍するタトゥーアーティスト【フランス】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

お名前:Yoshika Akazakiさん
ご職業:タトゥーアーティスト
在住地:パリ(1993年~)
出身地:香川
Instagram:https://www.instagram.com/yoshikar/
Yoshikaさん運営のタトゥーショップ:https://www.yoso.paris/

日本に根付く「刺青=反社会的」のイメージ――タトゥーアーティストになろうと思ったきっかけは?

 

もっとみる