集英社インターナショナル

集英社インターナショナルの公式noteです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など…

集英社インターナショナル

集英社インターナショナルの公式noteです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など更新予定です! https://www.shueisha-int.co.jp/

マガジン

  • 世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

    世界各国で暮らす日本出身の人々。彼ら/彼女らはどのようにその国と出会い、移住し、そしてどのように働いているのか? そこには、意外と身近な事情や、驚きのドラマがありました。海外在住の日本人500人以上と接してきたライター・おかけいじゅんと一緒に、めくるめくニホンジン探訪の旅に出かけましょう。

  • 死の授業、開幕! 各界の知識人が「死」を考える

    孤独死、絶望死、病死、事故死、自死、他殺……死を恐れる感情はどこから来るのか。 死から考える「人生の価値」、不死が人を幸せにしない理由、日本と諸外国との死生観の違い……医学・哲学・倫理・葬儀・墓・遺品整理・芸術・生物学・霊柩車・死刑制度などの専門家に、死への「正しい接し方」を聞く。

  • 【鹿島アントラーズ監督】コソボから来たセルビア人ポポヴィッチ

    2024年シーズンから新たに鹿島アントラーズの監督に就任した、コソボ出身のセルビア人、ランコ・ポポヴィッチ。 ポポヴィッチの出身地コソボとは、どのような国なのか。ポポヴィッチの半生とともに、コソボという国家の歴史に迫る、ノンフィクション作家・木村元彦さんによる短期連載。

  • 異邦人のロンドン──移住者たちのトゥルー・ストーリー

    翻訳家・園部哲さん初の著書『異邦人のロンドン』刊行記念の短期連載。 30年以上滞在しているロンドンの街を「移民」の視点から描くこの本には、王室報道ではお目にかかることのできない、コスモポリタン都市の素顔があります。 あなたの知らないロンドンの姿がここに。

  • 【連載】加藤ジャンプ「今夜はコの字で 全国コの字酒場漂流記」

    コの字酒場探検家・加藤ジャンプさんの連載エッセイです。ドラマ「今夜はコの字で Season2」に登場したお店をはじめ、全国各地のコの字酒場に足を運び、コの字カウンターでの人のふれあい、酒と肴を綴ります。イラストは、『今夜はコの字で』の作画をした故・土山しげるさんの元スタッフ、タカヤスさんが描きます。

ウィジェット

  • 商品画像

    罰ゲーム化する管理職 バグだらけの職場の修正法 (インターナショナル新書)

    小林 祐児
  • 商品画像

    物理学者のすごい日常 (インターナショナル新書)

    橋本 幸士
  • 商品画像

    「死」を考える

    『エース』編集室
  • 商品画像

    異邦人のロンドン

    園部 哲
  • 商品画像

    夜明けを待つ

    佐々 涼子

リンク

記事一覧

#028 念願の移住先は、神が舞い降りる離島!?【台湾】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

お名前:宮坂大智さん ご職業:NPO法人理事、旅行サービス業 在住地:澎湖(2014年~) 出身地:東京 テーマパークのような島――宮坂さんが住んでいる澎湖(ポンフー)と…

サブスク解除、暗号資産相続…デジタル遺品を考える

●歴史が浅く、法整備の途上にある「デジタル遺産」の現状  私は死と生にまつわること、特に「デジタル遺品」と「故人のサイト」について調べたり、執筆・講演活動などを…

#027 レゲエの本場、唯一無二の日本人DJ【ジャマイカ】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

お名前:家部由美子さん ご職業:ラジオDJ、音楽&撮影コーディネーター、ゲストハウスオーナー 在住地:キングストン(1993年~) 出身地:埼玉 由美子さん運営のゲストハ…

#026 サッカー&ビジネス…挑戦と撤退の末にたどり着いた懐の深い国【タイ】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

お名前:須見智志さん ご職業:経営者 在住地:バンコク(2012年~) 出身地:埼玉 須見さん経営の海外研修の会社:①https://samuraicurry.com/ ②https://spiceup.jp/

第3回【鹿島アントラーズ新監督】コソボから来たセルビア人 、ランコ・ポポヴィッチ

第1回はこちら 第2回はこちら ●ストイコビッチゆかりの都市ニシュ  セルビアの首都ベオグラードから陸路コソボに向かうには、南部の都市であるニシュ経由とセルビア…

第2回【鹿島アントラーズ新監督】コソボから来たセルビア人 、ランコ・ポポヴィッチ 

第1回はこちら ●2007年6月15日ベオグラード  フクダ電子アリーナでのポポヴィッチとの出会いからほぼ1カ月後、セルビアの首都ベオグラードに飛んだ。  私はコ…

#028 念願の移住先は、神が舞い降りる離島!?【台湾】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

#028 念願の移住先は、神が舞い降りる離島!?【台湾】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

お名前:宮坂大智さん
ご職業:NPO法人理事、旅行サービス業
在住地:澎湖(2014年~)
出身地:東京

テーマパークのような島――宮坂さんが住んでいる澎湖(ポンフー)とは、どんな島なのでしょうか?

 一言でいうと「台湾の良いとこ取りのテーマパーク」ですかね。台湾本島から飛行機で約1時間程度で、人々は温厚で、グルメも充実しています。自然遺産や文化遺産にもあふれ、台湾の人たちにとっては卒業旅行の

もっとみる
サブスク解除、暗号資産相続…デジタル遺品を考える

サブスク解除、暗号資産相続…デジタル遺品を考える

●歴史が浅く、法整備の途上にある「デジタル遺産」の現状
 私は死と生にまつわること、特に「デジタル遺品」と「故人のサイト」について調べたり、執筆・講演活動などを行ったりしています。大学卒業後は建設工事現場で施工管理の仕事をしていたのですが、やりたいことは出版関係と死に関わることであると気付き、葬儀社に転職。死の現場を勉強させていただいた後に編集プロダクションに入り、当初はパソコンやインターネット関

もっとみる
#027 レゲエの本場、唯一無二の日本人DJ【ジャマイカ】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

#027 レゲエの本場、唯一無二の日本人DJ【ジャマイカ】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

お名前:家部由美子さん
ご職業:ラジオDJ、音楽&撮影コーディネーター、ゲストハウスオーナー
在住地:キングストン(1993年~)
出身地:埼玉
由美子さん運営のゲストハウス:https://www.aishahouse.com/

レゲエ音楽の斬新さにやられた20代――ジャマイカとの出合いを教えてください。

 レゲエがキッカケですね。20代前半の頃、インドで小物を買い付けて表参道で売る仕事をし

もっとみる
#026 サッカー&ビジネス…挑戦と撤退の末にたどり着いた懐の深い国【タイ】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

#026 サッカー&ビジネス…挑戦と撤退の末にたどり着いた懐の深い国【タイ】/世界ニホンジン探訪~あなたはどうして海外へ?~

お名前:須見智志さん
ご職業:経営者
在住地:バンコク(2012年~)
出身地:埼玉
須見さん経営の海外研修の会社:①https://samuraicurry.com/ ②https://spiceup.jp/
須見さん経営の船舶売買の会社:https://satoship.jp/

サッカー選手の夢を諦めて就職するも、会社が潰れかかる――タイに移住する前は何をされていたんですか?

 学生時代は

もっとみる
第3回【鹿島アントラーズ新監督】コソボから来たセルビア人 、ランコ・ポポヴィッチ

第3回【鹿島アントラーズ新監督】コソボから来たセルビア人 、ランコ・ポポヴィッチ

第1回はこちら

第2回はこちら

●ストイコビッチゆかりの都市ニシュ
 セルビアの首都ベオグラードから陸路コソボに向かうには、南部の都市であるニシュ経由とセルビア人エンクレイブ(民族集住地域)であるミトロビッツァ経由の二つのルートがある。

 今回は高速道路を使用するニシュ経由を選択した。この高速バスは知人の日本人女性フォトグラファーも使ったことがあるそうだが、そのときに変わった体験をしたという

もっとみる
第2回【鹿島アントラーズ新監督】コソボから来たセルビア人 、ランコ・ポポヴィッチ 

第2回【鹿島アントラーズ新監督】コソボから来たセルビア人 、ランコ・ポポヴィッチ 

第1回はこちら

●2007年6月15日ベオグラード

 フクダ電子アリーナでのポポヴィッチとの出会いからほぼ1カ月後、セルビアの首都ベオグラードに飛んだ。

 私はコソボから来たこのセルビア人との約束を果たさなくてはならない。この日、6月15日12時からアメリカ大使館前でコソボの拉致被害者家族による抗議集会が行われるということを聞きつけ、私は星条旗の翻る公邸前に、午前中からスタンバイしていた。

もっとみる