集英社インターナショナル

集英社インターナショナルの公式noteです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など更新予定です! https://www.shueisha-int.co.jp/

集英社インターナショナル

集英社インターナショナルの公式noteです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など更新予定です! https://www.shueisha-int.co.jp/

    マガジン

    • 世界は「プランB」で出来ている

      何事においても「プラン」が重要であることは今さら言うまでもない。だが、どんな計画もそのままでは成功しない。なぜなら現実はつねに複雑で、我々の計画を裏切るからだ。そこで重要になってくるのが「次の一手」である。英語ではそれを「プランB」である。 弊社新刊『「プランB」の教科書』の著者である尾崎弘之氏(神戸大学)にそのエッセンスを語ってもらうのが本連載である。

    • 【連載】加藤ジャンプ「今夜はコの字で 全国コの字酒場漂流記」

      コの字酒場探検家・加藤ジャンプさんの連載エッセイです。ドラマ「今夜はコの字で Season2」に登場したお店をはじめ、全国各地のコの字酒場に足を運び、コの字カウンターでの人のふれあい、酒と肴を綴ります。イラストは、『今夜はコの字で』の作画をした故・土山しげるさんの元スタッフ、タカヤスさんが描きます。[毎月第1・第3金曜日更新]

    • 【連載終了&書籍化決定‼】言語の天才まで1億光年 高野秀行

      「誰も行かないところに行き、誰もやらないことをやり、誰も書かない本を書く」をモットーにしているノンフィクション作家、高野秀行さんがnoteに連載していた語学エッセイ【言語の天才まで1億光年】が、書籍『語学の天才まで1億光年』として2022年9月5日に発売されます! 本書の刊行を記念して、発売に先駆け、書籍のために加筆した「第1章 語学ビッグバン前夜(インド篇)」の一部を公開中です。 25以上の言語を学んだ高野さんも、スタートは英語。でもエピソードも学習法もいきなり超ド級!です。 ぜひお楽しみください。 ※文章は最終版ではないため、表記などが書籍と異なる場合があることをご了承ください

    • インターナショナル新書   創刊5周年「新書は独学の友」

      2022年に創刊5周年を迎えるインターナショナル新書。 書店さんでのフェアやプレゼントキャンペーン、オンラインイベントなど、記念企画について発信していきます📚

    • #読書の秋2021 集英社インターナショナル

      #読書の秋2021 集英社インターナショナルの課題図書にお寄せいただいた感想文のまとめです。

    ウィジェット

    • 商品画像

      目の見えない白鳥さんとアートを見にいく

      川内 有緒
    • 商品画像

      さよなら、野口健

      小林 元喜
    • 商品画像

      ホーム・コーヒー・ロースティング お家ではじめる自家焙煎珈琲

      嶋中 労
    • 商品画像

      リベラルアーツ 「遊び」を極めて賢者になる (インターナショナル新書)

      浦久 俊彦
    • 商品画像

      江戸藩邸へようこそ 三河吉田藩「江戸日記」 (インターナショナル新書)

      久住 祐一郎

    リンク

    記事一覧

    【世界は「プランB」で出来ている 第1回】カーリングと企業経営の共通点とは?

    「プランB」とは何かを理解するためには、スポーツにおけるそれを知ることが分かりやすい。『「プランB」の教科書』の著者である尾崎弘之氏(神戸大学)に、カーリングの「…

    【世界は「プランB」で出来ている 第0回】プランBとは何か?

    「プランB」(通常の日本語訳は「代替策」)は英語圏で日常的に使われている言葉である。かしこまった表現だと「Alternative Plan」と言うが、プランA(当初の計画)がうま…

    コの三 荻窪「カッパ」 加藤ジャンプ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記~」

    コの字カウンター界の高峰秀子  東京は杉並区荻窪は大正から昭和の初めにかけて別荘地として栄えたところだ。やがて数多くの作家・芸術家が暮らすようになった。井伏鱒二…

    辺境ノンフィクション作家・高野秀行の超ド級 語学青春記が9月5日に発売。 noteで本書の一部を先行公開!(後編)

    前編はこちら 第1章 語学ビッグバン前夜(インド篇)/後編2. 「正しさ」にこだわる人はいない    インド各地を旅し、1カ月後、私はカルカッタの中央駅に帰ってきた…

    辺境ノンフィクション作家・高野秀行の超ド級 語学青春記が9月5日に発売。 noteで本書の一部を先行公開!(前編)

    第1章 語学ビッグバン前夜(インド篇)/前編1.驚きの海外英語初体験  目の前で鳥みたいな顔をした英語ネイティヴの女性が何か懸命に喋っている。私はそれをぼーっと見…

    【世界は「プランB」で出来ている 第1回】カーリングと企業経営の共通点とは?

    【世界は「プランB」で出来ている 第1回】カーリングと企業経営の共通点とは?

    「プランB」とは何かを理解するためには、スポーツにおけるそれを知ることが分かりやすい。『「プランB」の教科書』の著者である尾崎弘之氏(神戸大学)に、カーリングの「プランB」を語ってもらった。

    カーリング女子「ロコ・ソラーレ」の吉田知那美さんが7月27日に結婚を発表した。めでたいことだが、女子アスリートが結婚する時、マスコミはいまだに「A選手は結婚後も競技を続けます」といったコメントを入れる。男子

    もっとみる
    【世界は「プランB」で出来ている 第0回】プランBとは何か?

    【世界は「プランB」で出来ている 第0回】プランBとは何か?

    「プランB」(通常の日本語訳は「代替策」)は英語圏で日常的に使われている言葉である。かしこまった表現だと「Alternative Plan」と言うが、プランA(当初の計画)がうまく行かない時は、「プランBはないのか?」といった表現が一般的に使われる。
     
    「プランB」のことを単なる「代替策」と思っている人が多いが、それは「プランB」の重要さを見誤っている。「プランB」は単なる次善の策でなく、組織が

    もっとみる
    コの三 荻窪「カッパ」 加藤ジャンプ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記~」

    コの三 荻窪「カッパ」 加藤ジャンプ「今夜はコの字で~全国コの字酒場漂流記~」

    コの字カウンター界の高峰秀子

     東京は杉並区荻窪は大正から昭和の初めにかけて別荘地として栄えたところだ。やがて数多くの作家・芸術家が暮らすようになった。井伏鱒二の『荻窪風土記』を読むと、トキワ荘みたいに、すごいメンツの家がここらに集まっていたことがわかる。
     いまは別荘なんてないが、かわりに、たくさんの家といい飲み屋がある。いい町である。
     地名の荻窪は咲いていた荻を集めてお堂をつくったとか、窪

    もっとみる
    辺境ノンフィクション作家・高野秀行の超ド級 語学青春記が9月5日に発売。 noteで本書の一部を先行公開!(後編)

    辺境ノンフィクション作家・高野秀行の超ド級 語学青春記が9月5日に発売。 noteで本書の一部を先行公開!(後編)

    前編はこちら

    第1章 語学ビッグバン前夜(インド篇)/後編2. 「正しさ」にこだわる人はいない  

     インド各地を旅し、1カ月後、私はカルカッタの中央駅に帰ってきた。  旅を始めたときとは別人のように精悍な面構えになっていた。やせてすっかり日焼けし、髪も髭も伸び放題、目は鋭く辺りをうかがっていた。日本を発つ前の、世間知らずのお坊ちゃんめいた面影はない。
     だが、それはあくまで外見上である。な

    もっとみる
    辺境ノンフィクション作家・高野秀行の超ド級 語学青春記が9月5日に発売。 noteで本書の一部を先行公開!(前編)

    辺境ノンフィクション作家・高野秀行の超ド級 語学青春記が9月5日に発売。 noteで本書の一部を先行公開!(前編)

    第1章 語学ビッグバン前夜(インド篇)/前編1.驚きの海外英語初体験

     目の前で鳥みたいな顔をした英語ネイティヴの女性が何か懸命に喋っている。私はそれをぼーっと見ていた。  
     ──どうしよう。何一つわからない……。  
     ここはインドのカルカッタ(現コルカタ)。初めての海外旅行で、これが事実上の「初日」だった。片言のやりとりで済むタクシーの運転手やホテルのフロント係は別として、初めてまとまった

    もっとみる