集中公開【今読むべきコロナブルーを乗り越える本】

24
コロナブルーを乗り越える本 阿古智子

コロナブルーを乗り越える本 阿古智子

現代中国学者の阿古智子さんが紹介する本は、20世紀初頭、東アジアの人々とペストとの闘いを政治、医療などの面から分析しています。コロナとの闘いが終わるとき、世界はどのような姿をしているのでしょう? ※この記事は、集英社インターナショナル公式サイトで2020年5月5日に公開された記事の再掲載です。 『衛生と近代―ペスト流行にみる東アジアの統治・医療・社会』 永島剛・市川智生・飯島渉編/法政大学出版局 「鼠疫」、つまりペスト(腺ペスト)が北里柴三郎によって歴史上初めて医学的

6
コロナブルーを乗り越える本 小田井涼平

コロナブルーを乗り越える本 小田井涼平

小田井涼平さん(「純烈」メンバー)は、テレビの世界で活躍したヒーローたち、そのさまざまな像を紹介した本をピックアップ。コロナの時代のヒーローはわれわれのすぐ隣にいるはずです。 ※この記事は、集英社インターナショナル公式サイトで2020年5月3日に公開された記事の再掲載です。 『ヒーローたちの戦いは報われたか』 鈴木美潮/集英社文庫 予期せぬ形で世界中がコロナ危機に陥ってしまった。まさに大ピンチだ! こんな時こそヒーローの出番である。とはいえ、空を飛んで、もしくはバイク

1
コロナブルーを乗り越える本 神島裕子

コロナブルーを乗り越える本 神島裕子

神島裕子さん(哲学者)は現在、われわれが抱えている不満に寄り添ってくれる2冊を紹介。一人ひとりに対する敬意、苦しんでいる人の言葉を聞き取るための努力の大切さに気づかされます。 ※この記事は、集英社インターナショナル公式サイトで2020年4月30日に公開された記事の再掲載です。 『市民の反抗 他五篇』 H.D.ソロー、飯田実訳/岩波文庫 コロナ禍は誰しもの日常生活を一変させ、私たちをブルーな気持ちにさせています。以下では、多くの人が現在抱えているだろう不満に寄り添ってく

6
コロナブルーを乗り越える本 タカザワケンジ

コロナブルーを乗り越える本 タカザワケンジ

写真評論家のタカザワケンジさんが紹介するのは歌っている人たちの写真集です。コロナ禍でカラオケ店にも休業が要請されました。ある出来事をきっかけに、それまで不通だったことの意味が変わってしまう。われわれは今、その瞬間にいます。 ※この記事は、集英社インターナショナル公式サイトで2020年4月28日に公開された記事の再掲載です。 『APPEARANCE』 兼子裕代/青幻舎 新型コロナウィルスの流行でカラオケ店が休業要請の対象になっている。まさか「歌う」ことが感染を広げるなん

コロナブルーを乗り越える本 豊﨑由美

コロナブルーを乗り越える本 豊﨑由美

豊﨑由美さん(書評家)はコロナ禍で読書に集中できない人が多いことを念頭におき、小説が読めるほど回復したときのための1冊を紹介。バルセローナを舞台に宇宙人が繰り広げるトンチンカンな言動が強力な笑いとともに描かれ、やがてーー。 ※この記事は、集英社インターナショナル公式サイトで2020年4月26日に公開された記事の再掲載です。 『グルブ消息不明』 エドゥアルド・メンドサ、柳原孝敦訳/東宣出版 「自宅にこもらなければならない今だからこそ、本を読もう!」的なお気楽な言説に触れ

コロナブルーを乗り越える本 小林紀晴

コロナブルーを乗り越える本 小林紀晴

小林紀晴さん(写真家、作家)はニューヨーク滞在中、同時多発テロに遭遇した際に現地で手にした『星の王子様』の著者にして飛行士のサン=テグジュペリによるエッセイを紹介。気が休まらない日々のなか、心を穏やかにしてくれた一節とは。 ※この記事は、集英社インターナショナル公式サイトで2020年4月25日に公開された記事の再掲載です。 『人間の土地』 サン=テグジュペリ、堀口大學訳/新潮文庫 2001年、ニューヨークに一年ほど暮らしているときに同時多発テロに遭遇した。事件から少し

コロナブルーを乗り越える本 根井雅弘

コロナブルーを乗り越える本 根井雅弘

根井雅弘さん(経済思想史家)はゲーテの名言、箴言から「生きる」ことを考えた本を紹介。コロナが終息したとき、ビフォアコロナと同じ世界を取り戻すべきなのか? われわれわれがこれから考えなければならないことへのヒントです。 ※この記事は、集英社インターナショナル公式サイトで2020年4月24日に公開された記事の再掲載です。 『いきいきと生きよ ゲーテに学ぶ』 手塚富男/講談社現代新書 新型コロナウィルスによる感染症拡大が全世界の問題となった頃から、新聞もテレビもインターネッ

1
コロナブルーを乗り越える本 酒井邦嘉

コロナブルーを乗り越える本 酒井邦嘉

酒井邦嘉さん(言語脳科学者)は、 現在の状況に疲れたわれわれにとってのカンフル剤となる小説と孤独感に苛まれたり、テレワークに疲れたときに効く詰め将棋の世界を紹介します。 ※この記事は、集英社インターナショナル公式サイトで2020年4月21日に公開された記事の再掲載です。 『絶品! 4×4マスの詰将棋』 伊藤果/マイナビ将棋文庫 テレワークやネット会議に疲れ、一人で煮詰まったり、孤独感に苛まれたりする時には、孤高のソリティア「詰将棋」がある。駒の動かし方を知っていても詰

コロナブルーを乗り越える本 春日武彦

コロナブルーを乗り越える本 春日武彦

春日武彦さん(精神科医、作家)が紹介するのは、風変わりな構成の本です。春日さんはそこには潜む意味を考察。これから長く続くであろう人類とコロナウイルスとの共存を思うときの、やるせなさに対処するヒントになるかもしれません。 ※この記事は、集英社インターナショナル公式サイトで2020年4月22日に公開された記事の再掲載です。 『人生の段階』 ジュリアン・バーンズ、土屋政雄訳/新潮クレスト・ブックス 不安と恐怖、得体の知れぬ気味悪さ、人影の消えた繁華街のシュールな眺め、対岸の

コロナブルーを乗り越える本 野崎歓

コロナブルーを乗り越える本 野崎歓

フランス文学者の野崎歓さんは、外国文学から人間が苦難に直面しながらもしぶとく生きる姿を描いた3作をセレクト。今、こうした本を読めるということは、苦難を生き延びた人間からのプレゼントではないかと分析しています。 ※この記事は、集英社インターナショナル公式サイトで2020年4月10日に公開された記事の再掲載です。 『デカメロン』 ボッカッチョ、平川祐弘訳/河出文庫など いまわれわれは未曽有の事態の真っただ中にいる──というのが実感だが、しかし人類が歴史上、何度も何度も伝染

2