集英社インターナショナル

集英社インターナショナルの公式noteです。硬軟とりまぜたオリジナル連載、新刊案内など更新予定です! https://www.shueisha-int.co.jp/
    • #読書の秋2021 集英社インターナショナル

      • 45本

      #読書の秋2021 集英社インターナショナルの課題図書にお寄せいただいた感想文のまとめです。

    • 【連載】みんなが気になる「顔」の話 By 山口真美

      • 30本

      「顔」や「表情」の謎を研究する心理学者・山口真美さんの連載エッセイ。人間は、他人の顔や表情、さらには自分の顔をつねに気にしていますが、その理由を、山口さん自身が行なっている研究や、山口さん自身の実体験などから解き明かしていきます。

    • 連載 言語の天才まで1億光年 高野秀行

      • 21本

      「誰も行かないところに行き、誰もやらないことをやり、誰も書かない本を書く」をモットーにしているノンフィクション作家、高野秀行さん。辺境の地では、テキストはもちろん辞書もないような言語が話されている。アフリカのリンガラ語、ボミタバ語、ミャンマーのワ語……。 それらの言語を高野さんは習い、現地で操り、人々の懐に入り込む。なぜそんなことができるのか。 その謎に答えるのが本連載。学んだ言語は20以上、言語オタクを自認する高野さんが、自らの言語体験をたどる。フランス語やスペイン語、中国語など、メジャーな言語の独特すぎる学習方法も登場します。 なお、高野さんの言語人生を振り返りますので、一部が既刊の本の内容と重なる場合がありますが、ご了承ください。

    • 【集中連載】江口寿史美人画集『彼女』トークイベント

      • 8本

      画集『彼女』の発売を記念して、2021年3月30日にトークイベントを行いました。 『彼女』ができるまで、青森での「江口寿史イラストレーション展 彼女」での初の試み、作品に対する思い、Twitterとの付き合い方――江口寿史さんにとことん語っていただいた当日の様子を特別公開いたします。 出演者: 江口寿史 楠見清 ぱいぱいでか美 会場:  新宿ロフトプラスワン

    • 集中公開【今読むべきコロナブルーを乗り越える本】

      • 24本

      ワクチン接種、緊急事態宣言解除!?…、ニュースの見出しは踊っても、新型コロナウイルスの感染が社会とわれわれの心にもたらした影はいつ消えるともしれません。やはり、いつまで続くのかわからない、ひっそりとした生活の中で可能なポジティブな行動とは何だろう? そう考えた集英社インターナショナルは、ひとつの答として読書の意味に立ち戻りました。そして、各界の読書の達人に「今、読むべき本」を紹介していただきました。昨年、弊社ホームページで公開した「コロナブルーを乗り越える本」をより多くの方に読んでいただけるようにnoteに掲載していきます。ぜひフォロー、ご一読ください。

    • すべてのマガジンを表示
  • 目の見えない白鳥さんとアートを見にいく

    川内 有緒
  • エンド・オブ・ライフ

    佐々 涼子
  • 人間の土地へ

    小松 由佳
  • 新書版 性差の日本史 (インターナショナル新書)

    「性差の日本史」展示プロジェクト
  • 物理学者のすごい思考法 (インターナショナル新書)

    橋本 幸士
固定された記事

【note×集英社インターナショナル】 読書感想文の投稿を募集中! #読書の秋2021

集英社インターナショナルは、「 #読書の秋2021 」に参加しています。全盲の人とアートを見る旅から、ジェンダーの日本史まで多彩なノンフィクションと新書を揃えました。 …

【号外】12月2日20時~、NHK「ヒューマニエンス 40億年のたくらみ」に出演します!

「ヒューマン」と「サイエンス」の造語「ヒューマニエンス」。人間という不確かで不思議な存在とはいったい何なのか?その真の姿に迫っていくシリーズ。番組MCは俳優や歌手…

最終回 自分の顔はわからない(後編)

前編より続く 世間に衝撃を与えた女性歌手の死前編で「人間は自分の顔イメージについて、実際よりも理想寄りに認識している」、つまり、ややうぬぼれ気味に自分の顔を見て…

最終回 自分の顔はわからない(前編)

鏡の中は別世界「鏡よ、鏡よ、鏡さん。この世で一番美しいのは誰?」 白雪姫の物語で、継母のお后は毎日、自分の顔を鏡で眺めてはその美貌を確かめます。 いつの時代も鏡は…

第14回 記憶の中の顔(後編)

〈前編から続く〉 人が記憶できる顔の数は最大、何人?身体から切り離された顔は、ある意味で身体よりも“名前”に近いものなのかもしれません。しかしながら顔は名前と決…

第14回 記憶の中の顔(前編)

なぜ人は「顔」にこだわるのだろう顔は、その人のアイデンティティを証明するものなのでしょうか? パスポートや運転免許証といった身分証明書には、顔写真が必ず貼られま…